モノづくり技術力向上コンサルタントの日記

経営と技術を取り持つ解釈士

【モノづくりの技術力向上コンサルタントが考える生産性向上その4~最終回 結局4つの視点の生産性向上とは??~】

こんにちは、技術力向上コンサルタントの赤星@技術士です。
生産性向上の要因である「4M」の視点で
製造業の困りごとの解決の方向性を考えていきます。

<生産性向上のおさらい>
生産性向上の要因である「4M」の視点で
製造業の困りごとの解決の方向性を考えてきました。

 

今日は最終回です。


4Mとは、下記の頭文字を表しています。
人:Man
機械:Machine
お金:Money
方法:Method
ですね。
その1では、「人」の視点から
一番生産性に直結するのは「人」の意識、
コミュニケーション、考え方など
だと考えます。
人が変われば、環境は変わります。
その2では、「機械」について
ツールとして使いこなすことを忘れず、いかに活用するか?がポイントです。
思考ツールに「PDCA」があります。
「コト」×「モノ」=「高価値」
についても書きました。
その3は、「お金」の視点から
お金は、機械同様に人の生活を豊かにするものです。
最近はお金を出せば手に入る時代になり、便利になりました。
お金がなければ「モノ」は作れません。
「機械」を保全するにも「お金」がいります。
生産性向上には欠かせない「お金」です。
お金は、労働により生まれます。
適正な労働環境とすることで
お金は循環します。
働き方改革を例に最後は書きました。
その4「方法」の視点
モノづくりは様々な「方法」
をもって生まれます。
「コト」で「モノ」を売ることが
最高の生産性向上になる!!
単なる「モノづくり」で終わるのでは、
今までの「商品開発」です。
質的充足、量的充足の世界の中で、
体験を売る「コト」が重要になります。
体験とは、100人いれば100通り以上あると考えます。
体験を共感できるストーリー性と
そのストーリーにマッチした商品。
これらが循環することで
今までにないモノづくりができると考えます。
「人」
「機械」
「お金」
「方法」
の4つがなければ、「コト」は生まれません。
再度、意識してモノづくりを進めてください。
次回以降は、
(1)気になる情報(本、社会情勢など)
(2)技術力・経営力向上ツールの紹介
など・・・
少し、書く内容を模索しています。
ブログを見ていただいている皆さんの役に立つ
情報提供を設計し、公開していきますのでお楽しみに。

 

経営のヒントになれば幸いです。
支援や相談等は
お問い合わせフォーム
からお願いします。
なんでも結構です。気軽にどうぞ。

【モノづくりの技術力向上コンサルタントが考える生産性向上その4~目指すポジションを決め、考動を設計する~】

こんにちは、技術力向上コンサルタントの赤星@技術士です。
生産性向上の要因である「4M」の視点で
製造業の困りごとの解決の方向性を考えていきます。

<着地点はぶれないこと>
目指すところはどこですか?
経営者は、貪欲です。
目指すところは、変化する(悪く言えば「ぶれる」)
ことが多々あります。
従業員、その周囲のサポートする役員は振り回されていませんか?
経営者は、「一本筋」を通した着地点を設定し、
ステークスホルダーへの理解と行動を促さなければなりません。
皆が納得するように・・・
これが重要ですが、難しいとお考えでしょう。
簡単です。
「着地点はぶれないこと」
着地点へ行くまでの
「経路」
を風見鶏のごとく示すこと。
これだけです。
風見鶏は、
風向き、つまり経済状況や環境等を読むことです。

<身の丈を知ることから>
あとは、身の丈に合った考動を設計します。
この「身の丈」を知ることが重要です。
ジャンプしすぎると、一発屋になりかねません。
つまり、プロセスが論理的でなく、
またはイメージからズレ、
買い手が違和感を覚えた瞬間、
前回述べた
一発屋
への第一歩が始まります。
さらに、負荷が増し、
ポジションに行けなかったりします。
そこで、次に考動設計をします。

<考動設計って!?>
考動とは、これをしないような設計をしてくれます。
「考えて動く」こと・・・
単なる行動「行く動き」でないことが重要です。
「ポジション」を山登りに例えると、
山の頂点を目指す場合、
「ルート」を設定します。
険しいルートで最短コースを目指すのか・・・
それとも遠回りだが、身の丈のルートを選ぶのか・・・
ルートにはどのようなクリアしなければならない
課題があるのか?
など・・・
条件により方法はいろいろ考えられます。
しかし、その方法は身の丈でできることなのか?
という考動設計が重要です。
そのルートを選ぶ際、
モノづくりのストーリーとして、
どのようなストーリーが描けるのか?
も考えなければなりません。
ありきたりなことでも、
そのような課題を工夫して
クリアしたのか?
それを断片的に魅せるのぼりを
意識していくことです。
当然、生産性向上という課題も
含まれます。
これまで述べてきた「方法」から
一度掲げたバルーンに
のぼりを追加し続けることを意識してみてください。
自社内の生産性だけでなく、
買い手側とのつながりを意識した
真のモノづくりができると考えます。

<まとめ>
今日は、「目指すポジションを決め、考動を設計する」についてお伝えしました。
一つ目は、着地点はぶれないこと、
二つ目は、身の丈を知って、考動設計へ、
三つ目は、魅せるのぼりで、課題解決!!
でしたね。

経営のヒントになれば幸いです。
支援や相談等は
お問い合わせフォーム
からお願いします。
なんでも結構です。気軽にどうぞ。

【モノづくりの技術力向上コンサルタントが考える生産性向上その4~一瞬の輝きで終わらせない~】

こんにちは、技術力向上コンサルタントの赤星@技術士です。
生産性向上の要因である「4M」の視点で
製造業の困りごとの解決の方向性を考えていきます。

<モノづくりの一発屋芸人!?>
芸人で「一発屋」は毎年出てきます。
ブームに乗り、一過性でもブレークする人です。
大体、残る人は10人に1人程度なのかと。
理由は何か?
モノづくりの視点で考えました。
(1)たまたま当たったスタイルが自分に合っていない。
  よくある「思い付き」がブームに乗ること。
  自分のスタイルではないため、無理して頑張るが
  飽きてこられたタイミングでも、
  それしかないので、すがるしかない。
(2)技術の裏付けが見えないため、ブームが過ぎれば共感力が薄れてくる。
  開発ストーリーがないものは、形状や機能をまねされ、
  単なる商品としての競争となる。
  そのため、当初の魅力が薄れてくる。
  価格勝負!!
(3)斬新すぎて、次の商品のインパクトが弱い。
  最初が斬新すぎて、他がイメージできない。
  買い手も売り手も・・・
  打開するための商品づくりに苦労する。
(4)同じストーリーでつくると同じ系統しかできない。
  応用がきかない。
  これしかない!!モード。
  視野が狭い状態で、本質の「モノづくり」は何か?
  が見えていないときに陥る。
持論なので、ご容赦ください。

 

一発屋にならない方法>
せっかくブレークしたのに、そのタイミングで
二の手三の手・・・を展開したいですね。
ブレークしたら、一発花火でなく、
派手ではありませんが、
広告となるバルーンを上げて、
その下につながっているモノづくりを
横断幕で天高く舞い上げてください。
モノの付加価値は、頂点にある
バルーンではなく、その下に続く
ストーリーであること、
そのストーリーから派生した
買い手が欲しいと考えるものを
情報としてもらうこと、
が一瞬の輝きで終わらせない
最良のストーリーと考えます。

 

<まとめ>
今日は、「一瞬の輝きで終わらせない」についてお伝えしました。
一つ目は、モノづくりの「一発屋」はなにか?、
二つ目は、掲げたモノでなくストーリーを派生させること、
でしたね。

経営のヒントになれば幸いです。
支援や相談等は
お問い合わせフォーム
からお願いします。
なんでも結構です。気軽にどうぞ。

【モノづくりの技術力向上コンサルタントが考える生産性向上その4~ストーリーを伝える~】

こんにちは、技術力向上コンサルタントの赤星@技術士です。
生産性向上の要因である「4M」の視点で
製造業の困りごとの解決の方向性を考えていきます。

<モノづくりは・・・・>
モノづくりは、様々なストーリーから成り立っています。
こだわりのある商品であれば、職人の仕事柄が出てきます。
最近では、「モノ」を売るのではなく「コト」を売れ!!
そうすれば、「モノ」が売れる。
という言葉をよく耳にします。
購入者側としては、付加価値が他の商品と比べて
どれくらいあるのか?
対価を払う価値があるのか?
という視点で購入検討します。
例えば、商品ができるまでにあった
様々な困りごとを
いかに工夫して解決して
作り上げたか、
というプロセスやストーリー
が決め手になることがあります。
「ものがたり」を作ってください。
あとは、それを伝える仕掛けがあればよいのです。

<伝える仕掛けとは!?>
工場見学
地元交流会等への参加
など・・・
いい商品は、生き生きとした職人が作っています。
また、プロセスに自信がある職人たちが作っています。
その姿を見て、商品を購入されるケースがあります。
生産性向上の目的は、
顧客であるエンドユーザーへ
最高の体験と価格に見合う商品を同時に得てもらうこと、
でなければならないと考えます。                                                   
「モノづくりものがたり」はユーザーを意識した
生産性向上のなかから産まれてきます。
ぜひ、ユーザーを意識した
生産性向上を見せてください。

<まとめ>
今日は、「ストーリーを伝える」についてお伝えしました。
一つ目は、モノづくりの「ものがたり」はなにか?が重要、
二つ目は、ユーザーからモノづくりは生まれる!!
でしたね。


経営のヒントになれば幸いです。
支援や相談等は
お問い合わせフォーム
からお願いします。
なんでも結構です。気軽にどうぞ。

【モノづくりの技術力向上コンサルタントが考える生産性向上その4~面倒なことをやってみて感じる~】

こんにちは、技術力向上コンサルタントの赤星@技術士です。
生産性向上の要因である「4M」の視点で
製造業の困りごとの解決の方向性を考えていきます。

<面倒なことを感じることこそ大事>
強みの部分は、面倒なことや手間がかかることが多いです。
このことを率先してやっていくと
新規性の高い生産改革が叶うかもしれません。
でも、何が面倒なのか?
何が・・・
がはっきりしなければ想定もできません。
まずは、面倒なことをやってください。
そして、何が面倒なのか?を知ってください。
自らが率先してやって見せてください。

<やって感じたことから「変えてみる」>
例えば、小説以外の本を読む場合を考えましょう。
多くのみなさんは、
1ページ目から読みますか?
私は、過去はそうしていました。
読んでいるうちに、読み進める気力がなくなってませんか?
それは、自分が欲しい情報が書いていないためです。
では、どうするのか?
作者はだれも1ページ目から読んでほしいとは書いていません。
ストーリーを考えた小説なら別ですが・・・
作者の都合で、1ページ目以降の順番を決めています。
だから、興味があるところから読んでも問題ないのではと感じてください。
いまでは本を手にしたとき、
必ず「目次」と「初めに」を読みます。
その後、本を買った目的を達成するキーワードが書いているところを
重点的に読みます。
その後、必要性を感じれば、
第2優先順位、3位、4位・・・
と読み進めます。
そうすると予想していない
「必要性」を感じない部分が多いことに気づきます。

<効果として、要点の整理と時間短縮>
今まで読んだ本は1冊読むのに1週間程度使っていました。
隙間時とは言え、長い時間を
知りたいことでないことを知るために
費やしました。
最初、気付かなかった本読み方法に改善し、
今までの3倍以上の読書と、
内容の理解度向上につながりました。
いかがですか?
事例は
「面倒なこと」
ではないかもしれませんが、
業務も
全く同じストーリーで展開できます。
まずはやってみて感じてください。
そして、生産性向上につながる
感覚を養ってください。

<まとめ>
今日は、「面倒なことをやってみて感じる」についてお伝えしました。
一つ目は、感じてみないと本当のことはわからない、
二つ目は、変えてみて、初めて気づきが生まれる!!
三つ目は、業務でも同じストーリーをもってやってみる!!
でしたね。

経営のヒントになれば幸いです。
支援や相談等は
お問い合わせフォーム
からお願いします。
なんでも結構です。気軽にどうぞ。

【モノづくりの技術力向上コンサルタントが考える生産性向上その4~立体的に物事の変化を見る~】

こんにちは、技術力向上コンサルタントの赤星@技術士です。
生産性向上の要因である「4M」の視点で
製造業の困りごとの解決の方向性を考えていきます。

<立体的に物事の変化を見るって!?>
行動していくことの大切さ・・・
行動といっても、やみくもでは確率が低くなります。
いかに目標に近づけるか・・・
それには、
「立体的に物事の変化を見る」
ことをお薦めします。
立体的とは3次元空間です。
よく、縦と横のつながりを見るといいます。
実際はその奥にある
「背景」
「常識の変化」
を付け足すことで、
今までの常識を疑い、
そして革新を起こすきっかけにするのです。
また、モノの背景にあるコトを
引き出してみると違う気付きが見えてきます。

<やみくもに変化を求めないこと>
ただし、やみくもに変化を支持するわけではありません。
核となるコトは、
逆に前面に出す
「強み」
です。
前回は、強みにこだわらない行動を!!
といいましたが、
芯となるもの
は持っておきましょう。
「強み」はぶれずに、
周囲を変化させること。
これが正しい
「方法」
です。

<まとめ>
今日は、「立体的に物事の変化を見る」についてお伝えしました。
一つ目は、モノの背景にあるコトを考える、
二つ目は、強みはやはり意識する!!
でしたね。

経営のヒントになれば幸いです。
支援や相談等は
お問い合わせフォーム
からお願いします。
なんでも結構です。気軽にどうぞ。

【モノづくりの技術力向上コンサルタントが考える生産性向上その4~あるモノ、できることから~】

こんにちは、技術力向上コンサルタントの赤星@技術士です。
生産性向上の要因である「4M」の視点で
製造業の困りごとの解決の方向性を考えていきます。

<4Mを活かすも殺すも・・・>
今まで述べた「生産性向上」の

機械
お金
の要素を生かすも殺すも
「方法」
にかかっています。
今ある
「技術」
「技法」
「技能」

「素材」
「設備」
「予算」
「人材」
を活かして、
負荷をかけないことが、
生産性向上の基本姿勢です。
長期間手掛けてきた、
「技術」
「技法」
「技能」
は最大の強みであり、
それを熟知する人材は
使いこなすことの術を知っています。

裏目に出る場合・・・・>
しかし、それが裏目に出ることがあります。
「成長しない心」
です。
人は、ある課題にぶち当たっても
強みで解決できると考えます。
しかし、過去の繰り返しでない
新たな課題に対しては
うまくいかないことも多々あります・・・
そこで、方法として
「転用」
があります。
今あるすべてのことを
今まで使っていない部分に転用すると
どんな化学反応が起きるのか・・・
いわば「実験」してみるのです。
ビジネスは、成果重視でなければならない。
という声も聞こえます。

<「成功は、失敗から生まれること」開き直りができるか>
しかし、成功は
失敗の中からも生まれます。
または、繰り返し試した結果、
思わぬ副産物により、
「転用」
が進むこともあります。
「試すこと」こそが、
今の風潮に合うかどうかを見極める
最大の行動です。
「あるモノ、できることから」
初めて、行動することこそが
生産性向上への近道です。

<まとめ>
今日は、「あるモノ、できることから」についてお伝えしました。
一つ目は、使いこなす「わざ」を知らないと意味がないこと、
二つ目は、強みにこだわらず、実験してみること
三つ目は、あるモノ、コトから初めて行動すること、
でしたね。

経営のヒントになれば幸いです。
支援や相談等は
お問い合わせフォーム
からお願いします。
なんでも結構です。気軽にどうぞ。